仕事ができる人のメモの取り方

これで仕事の効率アップ!デキる人のメモを公開

今更聞けないメモの役割について

ビジネスの場で当たり前のように取られているメモですが、全くメモを取らなくなった場合、考えられるデメリットは何があるのでしょうか? 打ち合わせや会議の情報が不明確になるだけではなく、第三者から見て評価が落ちる可能性もあります。メモを取らないという方も一読下さい。

メモを全く取らないとどうなるの?

学校や職場で当たり前のように書き取られているメモですが、このメモは何のために取っているのでしょうか?
学生の内は「メモなんて今だけでしょう。」と思っていたけれど、社会人になってからは更にメモを取る事が増え、会議などではメモ取らない方はほとんどいません。また歴史的にも有名な発明家は「メモこそ命の恩人である。」という言葉を残しているほど、メモを重要視していました。
一般的にメモを取るのは「多くの情報を聞き逃さない様に残しておく。」という意味合いで取られていますがそれだけではありません。メモを取る事でその出来事を記憶に残しやすくなる、または後で読み返した時に新たなアイディアが生まれやすくなると言われています。また上司や目上の方からの指示をしっかりと遂行する為に取る事も多いのですが「アナタの話をしっかりと聞き、理解しようとしています。」という意思を表すポーズにもなります。アイディアやひらめきは思わぬ時に出てくるものなので、書き留めておく事で様々な分野に活かす事も出来ます。
メモはビジネスだけではなく生活のちょっとした事でも使えますし、役割に関しても十人十色です。デジタルデバイスでもメモ帳機能、またはメモ帳アプリもありますし、もはやメモは生活の一部ともいえます。
ここではそんなメモにスポットをあてて、基本的なメモの取り方や、どのように取ればより効率が良くなるのか?メモをサポートするアイテムはどれか?といった事を紹介しています。

デキる人はこうやってメモを取る

言われた事を全てメモに取っていては時間がかかりますし、後で読み返して意味が分からなくなってしまう事もあります。 特にビジネスでは限られた時間の中で、どのようにメモを取るかがキモになります。メモの取り方やまとめ方について紹介していきたいと思います。

便利ツールで効率化

取ったメモを更にわかりやすく、そして活用しやすくするために作られたツールを紹介しています。 ビジネスの場にはもちろんですが、私生活でも使えるツールですのでアイディアをまとめたい時に活用するにもぴったりです。メモ帳とペンの選び方についても説明しています。

TOPへもどる